少ない給料で貯金する方法!生活費を節約するより確実で簡単な方法はこれ

少ない給料で貯金する方法を知りたい…

・生活費や食費を節約してやりくりしているけど、なかなか貯金ができないんだよね
・毎月1万円貯金しても、年間12万円って考えると、でかいよね
・月収が少ないけど、毎月貯金出来る方法ってあるの?
・一人暮らしだと家賃の分だけ損しているのかな…
・毎月必要な金額が大きすぎて、貯金まで手が回らない

と、お悩みではないですか?

確かに、毎月毎月少ない月収であれば、家賃や光熱費、食費や生活費などの必要経費に給料のほとんどが使われてしまって、貯金ができない状態が続くと思います。

特に一人暮らしの場合、実家暮らしと違って毎月毎月家賃を払っているので、アパート代の分だけ生活費を圧迫してきますので、このままだとちょっと厳しい…将来のことを考えると今のうちにどうにかしておいたほうがいいかな…と考える人も多いと思います。

確かにそうですね。

少ない給料でアパートを借りて生活をするのであればやはり貯金はたまにくいと思います。

とはいえ、貯金がたまらないか?と言えば全然そうではなく、工夫次第では毎月毎月貯金をすることができますので、この辺はぜひ押さえておきたいところ。

そこで本日は、少ない給料で貯金する方法について紹介していきますね。

まず最初は収入と支出を見える化すること

少ない給料で貯金をする方法ですが…押さえておきたい大事なことは二つあります。

それはとても簡単ですが、

・収入を把握すること
・支出を把握すること

とりあえず、この二つは大ざっぱでいいですので、自分の中でちゃんと把握しておきましょう。

そのために必要なのが、実際に毎月の収入と支出を紙に書いて見える化することです。

髪を半分に折って、左側に収入を書いてみましょう。

・会社からもらう給料(○万円)
・副業として毎月稼いでる金額(○千円)

みたいな感じで、紙の左半分に毎月自分が手に入れることができるお金を書いてみてください。

この辺もはあまり悩まず、紙に書くことができると思います。

そして、神の右半分ですがこれは逆に、毎月支払っている金額、つまり支出について書いてみましょう。

具体例を挙げると、

・アパート代(家賃)
・自動車のローン
・奨学金
・食費
・光熱費
・雑費
・衣服代
・クリーニング代
・スマホ代
・ネット代
・銀行のカードローン
・消費者金融のキャッシングローン
・交際費
・交通費

とまぁこんな感じで、探せばまだまだありそうですが、毎月出て行く金額を一覧にして紙に書き出してみましょう。

そうすると見えてくるものがあると思います。

例えばですが、支出に関しては、

・節約できるもの
・節約できないもの

に分けることができると思います。

具体的に言うと、食費や生活費などは工夫すれはまだまだ節約することが可能であるが、スマホ代や自動車のローン銀行のカードローンといったものに関しては定額で決まっているので、この辺はどうにもならないかな…。

といった感じで、支出に関しては、節約できるものできないものに分けることができますので、活躍できるものに関してはいろいろと工夫して節約してみましょう。

そんな感じで支出に関しては、節約する方向でできることはどんどんやっていき行くことで少ない給料でも貯金することが可能になってきます。

とはいえ…これは少ない給料で貯金することを前提に考えていますので、どうしても上限がありますよね。

なので、「節約してもなかなか貯金ができない」といった場合であれば、今度は支出に関して見直すのではなく、収入に関して見直す必要が出てきます。

収入に関して見直す…わかりやすく言うと給料を上げることになってきますが…実際やってみると結構簡単なんですよ。

給料を上げるには

給料を上げるには、転職してより給料の高い会社に勤めることが一番簡単な方法です

とはいっても、少ない給料で貯金ができていない今の状態であれば…転職期間中の無職の状態においては、生活費などがちょっと心配ですね。

そんなこともありなかなか転職に踏み切ることができないと思いますが、これは簡単に解決することができます。

やり方としては、今やっている本業を続けながら、アルバイトとして副業をすることで、毎月の収入を増やすこと。

最近ではアルバイトも多種多様化してきて、

・ダブルワーク OK
・日払い制度あり
・まかないあり(食事補助制度あり)
・土日のみの出勤OK
・空いている時間に出勤可能

といった感じで、人材を確保するのに、いろいろな方法がとられています。

こういったアルバイトを利用することで本業の月収以外にも、毎月毎月副収入としての収入がありますので、貯金が加速すると思われます。

そして貯金がどんどん増えていくことで、将来のために、転職することが早くできますので、これに関しては、メリットしかないと思いますよ。

実際に私の友人でも本業以外の副業で月平均して10万円程稼いでる人がいます。年間に換算すると120万円程の違いが出てきますので、これは大きいですよね。

そんな感じで、今働いている会社からの収入以外にも、新しい収入源を作ることで貯金が加速しますので、ぜひやってみてください。

とはいえ、、「本業+副業」に関しては長期的にすることはおすすめできません。

できれば短期間で〇〇万円貯める、といったような目標を立てて、ある程度貯金ができたら、より高い給料の会社に転職した方が、自分にとっても負担が少ないと思います。

目安は1年以内ですね。

なので、副業は「転職するまでの貯金を貯めるため」と割り切ってやってみてください。

いろいろな節約方法があると思いますが、1000円節約するよりも1000円稼いだ方が簡単だしとても早いですね。

時給1000円のアルバイト1時間すればいいだけの話ですから。

これが10000円とか50000円になってくるともっとわかりやすいと思います。

1万円、5万円、10万円…と金額が大きくなるにつれ節約するの難しくなってくるし、そうなってくると、土日だけ働いて…みたいな感じでささっと働いたほうが早く貯金ができますのでぜひぜひやってみてください。

あなたの健闘をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする