毎月支払いが多くて生活できない時に家計を管理して節約するよりも大事なことはこれ!

毎月支払いが多くて生活できない…

・支出が多くて貯金がほとんどできない
・貯金の残高が1万円もない…
・クレジットカードはなるべく利用したくないんだけど
・家計を管理してもなんともならない
・生活費や食費を節約しても限度がある

と、お悩みではないではないですか?

確かに「支払いが多く、生活ができない…今月は貯金を切り崩さなければならないのかな…」

なんてことはたまにありますよね。

急な出費が多かったり、家具家電が突然壊れてしまって、新しいものに買い換えたときなどは、私的に赤字になる月が出てくる場合もあります。

しかしながら、そういったことが原因ではなく、毎月毎月支払いが多いので生活ができない…といった状況であれば、これは何かを変えていく必要があります。

といっても視点を変えてみるととても簡単なんですよ。

自分の生活において、「支払いが多いので生活ができない」のであれば変えるべき点は点は、

・生活を見直す
・収入を見直す

このこの二つすね。

もっとわかりやすく言うと、「生活を見直す」というのは、「生活における毎月の支出を見直す」ことなので、いいかえると、

・支出を見直す
・収入を見直す

この二つを分けて考えることで、支払いが多いので生活ができない場合の原因を突き止めることができますので対策も考えやすいですね。

ということで本日は支払いが多いので生活できない場合に見直すべき点とそれに対する対策について紹介していきますね。

まずは収入と支出の見える化、をしてみる

支払いが多いので生活ができない…といった状況であれば、まず最初にやっておきたいことは、現状を把握することです。

といってもこれは簡単で、現在毎月どのくらいの給料もらっていて(収入があって)どのぐらいの支払いがあるか、を紙に書き出してみることです。

要するに、収入と支出の見える化ですね。

大きな紙を用意して、左半分に毎月の収入を書いてみましょう。

・会社の給料(旦那さんの)
・副業
・嫁さんのパート代

こんな感じでしょうか。

次に紙の右半分に、毎月出て行くお金つまり支出について書いていきましょう。

・アパート代(家賃)
・銀行のカードローン(クレジットカード)
・消費者金融のカードローン(クレジットカード)
・住宅ローン代
・健康保険料
・任意保険料
・自動車の保険料
・自動車のローン
・税金
・スマホ代
・ガソリン代
・交通費
・衣服費
・電気ガス水道代(光熱費)
・町内会費
・生命保険代
・生活費
・食費
・定期預金

などなどを探せばもっとありそうですね。ここで大事なのは細かく見る事ではなく大ざっぱでもいいので、毎月の収入と支出を把握することです。

なので、細かい室であれば雑費で計算しても構いませんよ。

ここまで来ると一段落、いろいろと見えてくるものがありますね。

例えば、毎月出て行くお金、つまり出費ですが、これは、

・節約すればできるもの
・節約できないもの

に分けることができます。例えば、自動車の保険代や住宅ローン、家賃といったものに関しては、節約できませんが、生活費や食費といったものには節約できる要素が多く含まれています。

なのでこの中の節約できるものに関しては、なるべく節約して、支出を抑えるようにしましょう。

とはいっても、節約をするだけでは根本的な解決にならない場合があります。

節約にも限度がありますからね。

節約というのは出て行くお金をなるべく低く抑えること、なので、毎月食費が50000円かかっているのであれば、それをなるべく低く抑えて30000円にすることはできますが、(20000円節約)食費が50000円ということであればそこからさらに60000円節約するということはできません。

そういったことを考えると、「節約には限界がある」ということも覚えておいてくださいね。

加えて、ちょっと考えて欲しいことですが、

「1000円節約することと1000円稼ぐこと」まぁ5千円でも1万円でもいいのですが…これについてちょっと考えてみてください。

1000円節約するのは結構しんどいかもしれませんが、1000円稼ぐのは時給1000円のアルバイトを1時間するだけで稼ぐことができます。

こういった少ない金額であれば、「働くのであれば節約したほうがいいかもしれない」と思ってしまうかもしれませんが、先程も言ったように、節約には限界があります。

なので1000円は比較的簡単に節約できたとしても、ひと月に一万円、10万円節約する…となってくるとちょっと無理がありますよね。

どんなに家計を管理して支出を抑えたとしても、毎月10万円節約するのはちょっと難しいのではないのでしょうか。

しかしながら、本業とは別に副業で毎月10万円稼ぐことは、ちょっと頑張りさえすれば達成可能な金額なのです。

冒頭でも紹介したように、自分の生活において、「支払いが多くて生活ができない」といった状況であれば、見直す点は

・支出を見直す
・収入を見直す

この二つです。

この中で、紙に書いて右半分、「支出を見直す」に関しては、節約できることは節約して、支出を抑えることで家計としてちゃんと管理できると思いますが、それでも支払いが多いと感じているのであれば、見直すべき点は「支出」ではなく、「収入」の方になってきます。

ここまでは「支出を見直す」ことについて書いてきましたので、次からは「収入を見直す」ことについて紹介していきますね。

収入を増やすためにできること

収入を増やすためにできる一番簡単なことは、本業とは別にアルバイトなどのWワークをして、収入源を増やすことです。

最近では、アルバイトの募集でも、

・ダブルワークOK
・土日のみの勤務OK
・日払い制度あり
・まかないあり(食事補助制度あり)

といった感じで、他にないサービスを打ち出すことで働いてくれる人を募集しているところも多いですね。

こんな感じで、「本業+副業」で稼ぐことで、支払いが多い分も何とかなるし、合わせて少しずつですが貯金もできる方向で考えてみてはいかがしょうか?

支払いが多くて生活ができない…といった状況であれば、これは「借金生活」に片足を突っ込んでいるのと同じです。

今は何とかやりくりをして支払いをしながら生活をしているかもしれませんが、ちょっとしたアクシデントが起こって、急にお金が必要になった場合においては、銀行のカードローンを新しく作ってやりくりしたり、それでもだめな場合、消費者金融のキャッシングローンなどを利用してやりくりします。

こうなってくると、自覚はないかもしれませんが、借金生活の入口に入っていきます。

なぜならば、支払いが多い状況で生活ができない…それに加えて新しく借金もしてしまったのであれば、この借金をし、返済するためにまた支払いが多くなってしまいますね。

その支払いをちゃんと返すために、できることといえば、「借金して借金を返す」といった悪循環です。

こうなってしまうと坂道を転げ落ちるようにどんどん借金が増えていきますので、ある一定のラインを越えてしまうと自分の給料よりも金が多くなってしまい、首が回らなくなってしまいます。

なので、こうなる前の段階で何とか手を打って、支払いが多くて貯金ができないという。現状を脱出しておかないと、後で大変なめにあいますよ。

そうならないためにも、今のうちに本業+副業、などをして収入源を複数作っておいて、なるべく支払いを早く返済して貯金ができるようにしましょう。

あなたの健闘をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする