支払いだけで給料なくなる…毎月生活費が赤字であればこれで立て直せるよ

支払いだけで給料がなくなる…

・クレジットカードやローン、家賃の支払いを済ますとひょとんど残らない
・貯金は1万円以下
・食費や生活費を節約しても限界があるんだよね
・このままの生活をずっと続けるのはしんどい
・給料日前も給料日後も一緒でなんだか張り合いがない

と、お悩みではないですか?

毎月毎月いろんな支払いで、給料がほとんど残らない…

たまに、急な出費があって「今月は赤字だったけどしょうがないかな」というのであれば、まだいいのですが、これが毎月毎月続いて赤字になっている月がほとんど、なのであれば、早急に対策を立てる必要があります。

理由は簡単で、

「毎月毎月支払いだけで給料がなくなってしまうけど、何とかなっている。」

といった感じのぎりぎりの生活は、実は、うまくいってるのではなく、借金生活への第一歩、と考えることができるからです。

うまくいってるのはもしかしたら偶然なのかもしれません。

例えば、

・検査入院で1週間ほど仕事を休まなければならない
・親が緊急の手術をする必要がある
・車がそろそろ壊れてきそうだし、新しいのが欲しいな

といった感じで、大きなお金が必要になった時に支払いだけで給料がなくなってしまう状態で貯金がないのであれば、こういった緊急の時に貯金は手にならないので、消費者金融や銀行のカードローンからお金を借りて何とかしなければならないですよね。

そしてその借りたお金ですが…自分の未来から借りているようなものなので(ちゃんと利息を付けて払わなければならないお金)どこかのタイミングで、しっかりと返済しなければなりません。

これがうまくいけばいいのですが、実際問題、「支払いだけで給料がなくなる」といった状況で、新しい支払いが増えるとどうにもなりませんよね。

そこで考えるのが、「新たに借金をして借金を返す」といった悪循環の繰り返しです。

こうなってしまうと大変ですよ。

あっという間に、100万円ほどの借金ができてしまう可能性があります。

そうなってくると、返済するのも一苦労…数年がかりで返していかなければならない状態になっていきますので、人生において負担が増大します。

なのでできれば、傷の浅い今の状態で何とかして、貯金までできる。生活習慣を作っておきたいところ。

そこで本日は、「支払いだけで給料がなくなる」といった状況を脱出するための方法を紹介していきますね。

まず最初にやっておきたいことは、「支払いの見える化」

支払いだけで給料がなくなる、のであれば、まず最初にやっておきたいことは、「支払いの見える化」です。

要するに、1ヶ月にどれだけ支払っているかを紙に書き出して見えるようにすることです。

例えば、

・家賃
・スマホ代
・自動車のローン
・銀行のカードローン
・消費者金融のキャッシングローン
・住宅ローン
・食費
・生活費
・ガソリン代
・ネット代

などなど、1ヶ月にかかる支出をできるだけ多く書き出してみましょう。

こうすることで何となくお金の動きが見えてきますね。

そうすることによってこのリストの中から、

・節約できるもの
・節約できないもの

を振り分けることができると思います。

例えば、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングローン、クレジットカードの引き落としなどは、毎月決まった額である場合が多く、節約できないですが、逆に、
食費や生活費などは、工夫すればある程度を節約することができますので、節約できるものに関しては、節約を試みてみましょう。

とはいえ…節約するのにも限度があるんですよね。

節約には限度がある

節約するのには限界があります。

理由は簡単で、節約とは今使っているお金をなるべく使わないようにすること、なのです。

なので、今使っている金額以上に節約することはできません。

わかりやすく言うと、毎月食費に5万円かかっているのであれば、食費を5万円以上節約することはできないし、生活費に10万円かかっているのであれば、10万円以上は節約することはできないのです。

こんな感じで節約する金額には限度がありますので、「支払いだけで給料がなくなる」といった今の状況が、節約するだけで何とかなるのであればいいのですが…最悪なのは何とかならない場合。

この何とかならない場合に関しては、もっと根本的な解決策を考えなければなりません。

それに関して、一番手っ取り早いのは、「収入を増やすこと」です。

収入を増やすために

収入を増やすために、一番簡単なのは本業以外の仕事をして収入源を複数持つこと、なのですが、これに関しては、「短期的に」という条件で私をおすすめしたいです。

だってそうでしょう!

支払いだけで給料がなくなってしまうからといって、3年も5年も本業+副業のWワークで働くのはちょっとしんどいですよね。

それだったら、転職してより高い給料がもらえる会社を探すことで一発解決させたほうがいいのですが…現状では、そうは言ってられないですね。

転職して仕事を探すのがいいよ、と簡単に言うことはできますが、転職している間はもちろん、給料が出ませんし、転職してからも給料が出るのは1ヶ月先であったり、2ヶ月先であったり…とこんな感じになっていますので、転職するのであれば、まずは手元に3ヶ月間ぐらい生活できるだけのお金を残しておきたいところ。

なのでそのお金を貯めるために現在できることといえば、本業+副業のダブルワークなのです。

最近ではアルバイトといってもいろいろな形態があります。

・日払いOK
・土日のみの勤務可能
・まかないつき(食事補助制度あり)
・前借り制度あり
・好きな時間に出勤できる

といった感じで、たとえ本業をしていても、その隙間時間を利用した仕事はいくらでもあります。

インターネットを使って在宅ワーク、という手もありますからね。

そんな感じで、いろいろな情報かき集めて自分に合った副業を選んで、貯金を目指してください。

ただ、間違えて欲しくないのは、先程も言ったように「副業は長期間続けるものではない。」ということ。

副業に関しては、ある程度目標金額を設定して短期間で稼ぐような感じで。頑張ってみるのがいいと思います

そして、貯金ができたら次にすることは転職すね。

転職に関しては、やはり「給料が沢山もらえる会社」を探したらいいと思います。

最悪の場合、「派遣社員として工場勤務」というのもありですね。

派遣会社を通じて工場勤務をする場合ですが、

・時給1500円以上(一日8時間で12000円以上)
・就労祝い金制度あり
・前借り制度あり
・○ヶ月ごとに慰労金制度あり
・寮費無料(即日住み込みOK)
・食事補助制度あり

といった感じで、派遣会社は人を集めるためにいろいろな方法を使っています。

その中で自分に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

派遣社員として働く…ということで抵抗がある人も多いと思います。

ですがもしあなたが、会社をクビになって住むところもない…といった状態になった時に、一番候補に挙げて考えて欲しいのはやはり派遣社員として工場勤務することですね。

働く場所(給料がもらえる場所)と住む場所の二つは両方いっぺんに見つけることができますので、これを利用しない手はないと思います。

そしていざ派遣社員として働くのであれば、やはりだらだらと長期間働くのは禁物ですよ。

派遣社員として働いたのであれば、

・空いてる時間は資格の勉強をする
・副業をしてさらにお金を貯めてみる
・次のステップに繋がるようなことをネット探して実践してみる

といった感じで、次を考えながら派遣社員として働くのがベストです。

40代50代になっても派遣社員のまま…何の資格もないので次に行く場所がない…なんてことになってしまうと人生終わってしまう可能性が高いですので、やはり派遣社員として働くのであれば次のステップを見据えて、時間を有効に使っていきましょう。

あなたの健闘をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする