給料より支払いが多い…毎月赤字で生活が苦しい時に試してみたい簡単にできる裏技

毎月、給料よりも支払いが多いので貯金もできない…

・給料よりも支払いが多いので毎月赤字に…
・カードローンがいつまでたっても減らない
・出費を節約しているけど限界なんだよね
・気勝ちたらクレジットカードの支払が給料より多くなっている

と、お悩みではないですか?

確かに、急な出費があって、

「今月は収入より支払いが多くなってしまった。」

なんて場合は、年に一度や2度あると思います。

しかしながら、毎月毎月、給料より支払いが多いので、赤字で金欠…といった場合には、早急に対策を立てる必要がありますよね。

なぜならば、給料より支払いが多いのであれば、やりくりできているうちは、なんとなるのですが、何かの拍子に、この歯車がうまくかみ合わなくなってしまうと、あっという間に借金を抱えてしまう生活になってしまいます。

例えば、ちょっとした検査入院で1週間ほど仕事を休むから…なんて場合でも、入院でお金がかかってしまいますし、また仕事を休むことで収入が減ってきますので、貯金がない場合、消費者金融などのキャッシングローンや銀行のクレジットカードもカードローンなどでそういった費用を払うことになります。

これって、未来に借金してるのと同じですよね。

で、この借金を返していくのですが…今までも「給料が支払いより多い」なんてことになっているので、もちろんこういったちょっとつまずいたようなお金であっても、借金になってしまい、その借金を返すために、またクレジットカードを利用して…

つまり、「借金して借金を返す」といったような悪循環に陥りがちです。

なんせ今のままでは、毎月毎月給料より支払いが多いといった状態なので貯金もできないような感じなのですから。

ですから、こういった状況で何とかやりくりしているうちはいいのですが、ちょっとしたアクシデントが起こってしまうと手も足も出なくなり、その結果借金をしてしまう…といった状況になってしまいます。

なので、できれば傷なさい今のうちに対策をとっときたいところ。これが借金100万円、とかなってしまうと、挽回するにも大変になってきます。

ということで本日は、給料より支払いが多い場合にできることについて紹介していきますね。

給料より支払いが多い…まず支払いを何とかしないことには始まらない

そうなんです。

給料より支払いが多い場合、その支払いをまずは順調に滞納せずに返済していくことを考えなければなりません。

なぜならば、返済が滞ってしまったりして支払いが返せない月が続いてしまうと、あなたの信用が失われるからです。

あなたの信用が失われるとどうなるか…?

これは簡単で聞いたことがあると思いますが、あなたの信用が失われてしまうと、

・新しい借り入れができなくなる
・新しいカードがつくれなくなる
・ローンが組めなくなる

といった感じで、信用に傷がついてしまっているので、新しいことをしようと思ったときにうまく動けない場合がありますので、気をつけてくださいね。

なのでできれば、というか必ず、支払いは滞りなく順調に返していきましょう。

でも…毎月ちゃんと支払いを返済していきたいんだけれど、給料が少ないから難しいんだよね。

ってなる場合もあると思います。

そんな時には、一時的にお金を作る必要が出てきます。

で、銀行や消費者金融などで新しいクレジットカードを作って、返済に回す。というアイデアがありますが、果たしてこれはいいのでしょうか?

私的には、「短期間であれば」という条件付きでアリだと思います。

お金がないから…と言って返済を待ってもらって自分の信用に傷がつくよりも、銀行や消費者金融なので新しいクレジットカードを作って一時的にお金を借りて返済に回す、といった方法の方が将来的には自分の信用に傷がついていない分、有利に立ち回れる可能性があるからです。

なので、もう一度言いますが、「短期間であれば」という条件付きで銀行や商社金融なので新しいクレジットカードを作るのはアリだと思います。

とはいえ、こうやって作ったお金は一時しのぎなのはわかっていますよね。

なので根本的な解決策としては、やはり給料を上げたり、給料以外の収入減を作る必要があります。

それについては次の章で紹介していきますね。

根本的な解決策は収入を増やすこと

給料より支払いが多い場合、食費や生活費などをどれだけ節約しても支払いでほとんど持って行かれるので、全然貯金ができない場合が多いですね。

実は、この「節約」というのがクセモノで、節約をすると何だかやってる感が自分の中に出て来て妙に満足してしまって、それ以上進まない傾向の人が多いです。

・千円節約するのと、千円稼ぐのでは、どちらが楽でしょうか?
・一万円節約するのと、一万円稼ぐのではどちらが簡単でしょうか?
・5万円節約するのと、5万円稼ぐのでは、どちらが楽なのでしょうか?

答えは簡単、節約するよりも稼ぐ方が断然楽なのです。

節約には限界があります。

それは使っている以上には節約はできないこと。

節約というのは食費や生活費などの出費の中にも行ってできる生活の知恵であって、決してそれ以上のものではありません。

なので、食費や生活費などの出費が例えば、10万円なのであれば、10万円以上は節約はできないのです。

ですが、お金を稼ぐこと、に関しては、食費や生活費などの出費に縛られた上限がない、ともいえますよね。

稼ごうと思えば、本業以外にも副業(Wワーク)で、月10万円稼ぐこともできます。

なので、もう一度言いますが、おすすめしたいのは「節約」ではなくて「副収入」を得ることです。

多種多様化するアルバイト形態

最近では、アルバイトにおいても様々な業種が参入してきており、そしてまたいろいろなアルバイト形態があります。

具体的に言うと

・土日のみでもOK
・日払い制度あり
・まかないつき(食事補助制度あり)
・1ヶ月に2回の振り込み制度あり
・好きな時間で出勤OK

などなど、探せばもっとありそうですね。

そんな感じで、自分に合ったアルバイトを探して本業以外の収入減を見つけてみてはいかがでしょうか。

そうすることで、一時的に銀行や消費者金融から新しいクレジットカードを作って支払っていた分を、副業をすることでカバーしましょう。

また、まかないあり(食事補助制度あり)みたいな感じのアルバイトを選ぶと、食費まで浮いてきますので、食費がかさんで赤字になるよんであればこういったアルバイトを選んだ方が生活の足しになりますよね。

こんな感じで、自分の生活にあったアルバイトを見つけて本業とは別の収入源を作ることで支払いを簡単に済ますことができます。

アルバイトは一時しのぎ!大切なのは、収入を増やすこと

本業+副業で収入を増やそう…とは言ってみたものの、これはほんの一時しのぎの対策でしかありません。

給料より支払いが多い場合の根本的な原因はやはり「給料が少ないこと」なので、やはり原因を解決するためには「給料を増やす」必要がありますよね。

ということで、アルバイトなので本業+副業で稼ぐのは、転職するまでのつなぎ、くらいに考えておいてもらえれば幸いです。

だってそうですね。

私だって、給料より支払いが多いからといって「本業+副業」をずっと続けてください、なんて鬼のようなことは言いません。

そんなのしんどいだけですからね。

なので「本業+副業」に関しては、次の仕事が見つかるまでの貯金を作るため…と割り切ってやってみてはいかがでしょうか。

そして大切なのは、転職してしより給料の高い仕事にありつくことです。

私のおすすめは、派遣社員として工場勤務をすることです。

これがめちゃめちゃ稼げるんですよ。

最近では工場では、人材不足で多く人材を派遣会社を通して募集しています。

その中でいろいろな差別化が行われているのを知っていますか?

具体的に言うと

・寮費無料(即日入居OK)
・就職祝い金制度あり
・○ヶ月ごとに慰労金制度あり
・前借り制度あり
・交通費負担

といった感じで、もしあなたが無職で住むところがない場合でも、派遣会社を頼れば、住むところと仕事の両方を探してくれますので、こういったものを利用して、給料が高い働き先を見つけてみてはいかがでしょうか?

といっても派遣社員で工場勤務…ということで、長居をするメリットはあまりありませんので、工場勤務をしながら

・資格を取ってみる
・新しい事にチャレンジする
・新しい副業をやってみる

といった感じで、時間を有効に利用して次につなげるようなことを考えて実行してみましょう。

あなたの健闘をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする