支払いで給料がなくなる…毎月生活費がピンチな時に試してみたい裏技を紹介

毎月支払いで給料がなくなる…

・家賃やカードローンなどの支払いが多いんだよね
・食費や生活費を切り詰めても貯金ができない状態
・給料日の10日前にはほとんど財布の中に残っていない状態

と、お悩みではないですか?

確かに、急な出費で今月は貯金ができなかったな~、とか、今月は赤字だった、なんて月は1年に1回や2回はあるかもしれませんが、それが毎月「支払いが多くて給料なくなってしまう」のであればちょっと問題ですね。

毎月毎月、お金に関しては低空飛行で、いつ事故が起こるかわからない。

これではちょっと危ないです!

毎月支払いで給料がなくなってしまって、節約して何とかなっている場合であれば、まだいいのですが、何か事故を起こしてしまったりアクシデントに見舞われたりすると、たちまち、お金がないせいで身動きできなくなってしまいますよ。

毎月支払いで給料がなくなる…というのは、実は、借金生活への出入り口なのです。

本日はその辺を詳しく紹介していって、さらに、対策方法についても紹介していきますね。

毎月支払いで給料がなくなってしまうのは、借金生活への入口

毎月毎月、支払いが多すぎて給料がなくなってしまうのであれば、これはもう、危険信号と言わざるを得ません。

なぜならば、支払いが多く給料がなくなってしまい、貯金ができない状態でも生活費や食費などを節約して、何とかしのいでいる状態、というのは、逆に言えば、

「何かあったら貯金を使って解決することができないから、借金をするしかない状態」

とも言い換えることができます。

要するに、借金の一歩手前・・・。

・病気やけがで入院してしま
・家族が手術をするため、お金が必要になったり
・車を新しく買ったり
・引っ越しをしようとしたり

といった感じで。ちょっとしたお金が動くときに、金がないのであれば、これはもう借金をするしかありませんね。

そしてその借金が返せなくなってしまって、「借金をして借金を返す」というような状態になっていくと、第2段階…借金が雪だるま式に増えていきます。

こうなってからでは遅いんです。

できれば「支払いが多くて給料なくなる…でも借金はほとんどない」と言った。今の状態であれば、まだやり直しはききますが、借金が増えてしまって年収の3分の1を超えてしまうような感じであると、やり直しは難しいし時間もかかります。

なのでできれば早いうちに手を打っておきたいところ。

対策方法としては、次の二つが効果的ですので、紹介していきますね。

支払いで給料がなくなってしまうのであれば、まずは、紙に書き出してみる

毎月毎月支払いで給料がなくなってしまうのであれば、まずやって欲しいことは、毎月どれだけお金が出て行ってしまっているのかを一旦紙に書き出してみることです。

支出の見える化、ですね。

具体的に言うと、

・自動車ローン
・自動車の任意保険代
・生命保険代
・ガソリン代
・食費
・生活費
・家賃
・銀行のカードローン
・消費者金融のキャッシングローン
・お小遣い
・病気を持っているのであれば薬代など
・交際費
・光熱費
・携帯の料金
・ネットの通信料

などなど…探せばまだまだありそうですね。

こんな感じで、毎月の支出を一旦紙に書き出して見える化することでできることは沢山見つかると思います。

例えば、「食費が3万円か…多くかかりすぎているから、この辺はもう少し節約して、支出を減らすことができそう…まずは自炊しようかな」とか。

こんな感じで、給料における支出を見える化することで、できることとできないことがわかってきますので、その中で、貯金や節約に繋がることがあればどんどんやってみてください。

そしてもし、支出の見える化をして節約などをしてもまだ生活が苦しくて貯金ができないようなのであれば、今度は見直すのは「支出」ではなくて、「収入」になってきます。

もともと収入が低いのであれば…

どれだけ節約をして生活費や食費などを切り詰めていても、まだまだ生活が苦しく貯金もできない…のであれば、次に見直すのは「支出」ではなく「収入」の方になってきます。

そうなんですよ。

どれだけ節約をして生活を切り詰めても、収入が少ないのであればあまり効果がないんです。

今まで節約してきた人ならわかると思いますが、千円、二千円、5千円、一万円…と節約するよりも、その分だけ稼いだほうがはるかに簡単なんです。

千円貯金するのは…スーパーのチラシをよく見て底値やらを安売りの時に食材を買ってもなかなか難しいですよね。

それで一万円となってくると、本当に切り詰めていっても、達成不可能な金額なのかもしれません。

しかしながら、収入を千円増やす、というのは時給1000円のアルバイトを一時間すればいいだけですので、とっても簡単に増やすことができます。

その気になれば、仕事場を終わった時間帯や土日などに副業を(Wワーク)をして、月に5万円~10万円増やそうと思えば増やすことができます。

とは言っても副業は、長期的に収入を増やすことにおいては、あまりおすすめしません。

何年も何年も本業+副業(Wワーク)で稼ぐのはちょっとしんどいですよね。

なので、やはりおすすめしたいのは、転職をして給料の高い会社に勤めることです。

とはいっても貯金がないし、転職は難しい

そうなんですよね・・・。

いざ転職しようとなっても、転職期間中は無職になってしまうので収入はありません。

また、実際に転職して給料の高い仕事に就職できたとしてもその給料がもらえるのは1ヶ月先、もしくは2ヶ月先になってしまう可能性も出てきます。

なのでできれば転職をするのであれば、あらかじめ少し多めに貯金をしておきたいところ。

そのためにおすすめしたいのが、先程も書いたように副業(Wワーク)をすることです。

勘違いしないでくださいね。

転職のための副業(Wワーク)ですよ。

現状維持のための副業をおすすめしているのでありませんので気をつけてください。

現状維持のための副業は、ずるずる長引く下だけなのでおすすめできませんが、転職するための手元のお金を用意するためのに副業をすることはおすすめです。

その中でも特に

・日払いOK
・土日のみOK
・まかない制度あり

と言った、副業に適したアルバイトもありますのでいろいろ探してみながら自分に合ったアルバイトを見つけてみてくださいね。

あなたの健闘をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする